わたしのiPad Proが約5年の歳月を経て新品になった話

こんにちは、あきらん(@akilans)です。

不思議なことが起きたので、今日はそれを記事にしたいと思います。
良いものを長く使うと良いことがあるよってお話です。
もし、最新でないApple製品をお使いの方にはぜひ、ケースの一つとして参考にご覧頂ければと思います。

わたしのiPadPro

わたしが使用しているiPad Proは10.5インチです。

2017年に発売されて2018年に購入したものになります。

これまでブログの更新や写真の編集等、割とヘビーに扱ってきていましたが、ある事象を境に、使う機会が激減してしまいました。

実用していく上で、割とダメージが大きかったなと今となっては思います。

1年以上の苦しみ

AppleCareが切れてしばらく経った頃、写真の現像中にピンポイントで色が明るくなっていることに気付きました

明るくない場所が明るかったので違和感を覚え、輝度全開にしたところ、小さな円形の点がありました。

日に日に、その点は大きくなっていき、次第に使う気力を奪っていくことになります。

色々調べてみると、iPad Pro 10.5インチにはよく起こっている現象のようでしたが、Appleはそれを公式には認めていなかったとされていました。
念の為、Appleに電話としたところ、当然、AppleCareが切れているので、5万円を超える修理費用がかかると一蹴されました。

そこからしばらくときがたち、バッテリーの持ちも悪くなってきていたため、バッテリーの症状とともに、AppleStoreを訪ねました。
しかしその時にも、バッテリーの検査をしてもらい、特に異常がないとのことで、交換などの提案は頂けませんでした。

3度目の正直に向けて

そして迎えた2022年4月。

冷静に考え、今回の輝度異常は、バッテリーが膨張することにより、ディスプレイが押し出されて発生している可能性が高いということに気付きました。

もしかしたら、それを理由にバッテリー交換できるのでは?と。

そこで、AppleStoreに持っていく前にApple公式チャットにて質問してみました。

すると、全開同様、5万円以上の修理を提案されました。しかし、今回は諦めません。

再びAppleStoreへ

幸い、その日のうちにStoreの予約が取れたため、表参道のAppleStoreへ伺いました。

結果は見事に、「バッテリー膨張による輝度異常」で「バッテリー交換」の修理代で本体交換して頂けることになりました

何より驚いたのは、iPad Pro10.5インチの在庫がまだあったということでした。

もちろん、出てきた箱は、いつものきれいなAppleの白い化粧箱ではなく、普通のダンボールでしたが、中身は紛れもなく、新品のiPad Pro 10.5インチでした。

旧モデルの交換品について聞いてみた

AppleStoreの方にそれとなく聞いてみました。
「そんな5年前の機種も在庫がまだあるんですね?!」と。

それに対して「本当に運が良かったです。もしなかったら他店から取り寄せたり、最悪、海外から取り寄せることになっちゃうので。」と言われました。

どこかのサイトで、その上位モデルと交換してくれるというのも見ていたため、少し拍子抜けしてしまったのは事実ですが、それでも新品にして頂けたのは感謝です。もしかすると、上位モデルへ交換される場合の条件なんかもあるのかもしれませんね(運かな?)。

  • この記事を書いた人

あきらん

システムエンジニア。明るく楽しくがモットー。FUJIFILM X-Pro3とRicho GR IIIでスナップを中心に、”ずっと見ていたい”写真を撮っています。PS5やNintendo Switchでゲームをするのも好きです。写真・ガジェット・おでかけのブログ「akilans.com」を運営しています。

-ガジェット
-,