THE STORY #シブセイCURBON写真展 にて写真と向き合ってきた話

カメラ・写真




こんにちは、あきらん(@akilans)です。

私は普段、あまり写真展には足を運ぶ人ではありません。

しかしながら、この写真展だけは行きたかった。
Twitterで写真をアップする一人として、間近で見たかったのです。

CURBON写真展とは?

「人生を変えた写真の物語を覗いてみませんか?」
これがこの写真展の副題です。

公式ページの紹介文を抜粋させて頂きます。

累計フォロワー数500万人を超える60名のアーティストにご出展いただき、「写真文化」をより多くの人々に広めるための機会を創出する場とします。

今回の写真展では60名のアーティストの写真を展示し、それぞれのストーリーを添えて紹介する予定です。さらに今回の写真展では、展示作品の鑑賞にとどまらずより写真の魅力を身近に感じていただくため、この会場でしか手に入らない限定品販売やイベントを実施いたします。

開催の概要は下記の通りです。

開催日時:2019年5月19日(日) 〜 27日(月) 午前10時〜午後9時(終日)

会場:西武渋谷店 モヴィーダ館6階、7階

入場料:一般・大学生500円 高校生以下無料 (物販の事前予約や当日に物販をご購入された方々は無料)

西武渋谷へ

渋谷へ降り立ちます。
(実は新宿からスナップしながら歩いてきたのは秘密。)

相変わらずのごちゃごちゃ感ですね。
あまり渋谷という街が昔から好きになれなくて、久し振りに歩きました。

そうこうしているうちに西武渋谷が見えてきました。

入り口には写真展の案内が出ていました。
少し入り口が分かりにくいのですが、無印のビルなのでそれを目指せば大丈夫かと思います。

現地到着。

入場するにはパスポートが必要になります。

物販で500円以上買い物をすると、タダでもらえます。
入場料も500円なので、何か買った方がおトクですね。
(私はポストカードを購入させて頂きました。)

写真の雰囲気を感じる

写真撮影をしても良いそうですので、雰囲気が少しでも伝わるように撮らせて頂きました。

(問題あるような写真がございましたら、ぜひご指摘頂ければ幸いです。)

まだ2日目ということもあり、ウェルカムボード的なやつは空白が目立ってました。

あまり多くを語ってもアレなので、浸った写真たちを少しでも感じて頂ければと思います。














なお、6階は個人ごとの写真展示となっていて、ご本人がいらっしゃるブースもありました。
7階は上の写真のように、プリント写真がたくさん貼られたエリアと、公演スペースがありました。

また、ミスSNSの写真があったのも印象的でした。
(みと様、かわいい。)

多くの写真をみて思ったこと

「いい写真ってなんだろう」ってことです。
見て頂いて分かるように、たくさんの写真があるのですが、「あ、これいいな」って思う瞬間を大事にしたいと思いました。

普段から、カメラだの、レンズだの、フィルムだのと…色々と言っておりますが、結局は私にとって、「記憶に残す為の手段」に他ならないわけです。

この写真展を見ていて特徴的だなと思ったのが、「大切な人を撮り始めて変わった」という方が多かったように思います。

実際に、私が「あ、これいいな」って思う写真の多くは、「その時、その一瞬しか見ることの出来ない世界が表れている写真」でした。

写真って正解がない(と勝手に思ってる)ので、自分で探るしかない。
その探る為の手助けとして、Twitterをはじめとする、コミュニティが大切だと、改めて思いました。
(そう言った意味では、普段やってるフォトウォークも似てますね!)

最後に

この写真展は今月27日(月)まで開かれていますので、ご興味がある方がいれば、足を運んでみてはいかがでしょうか。

いろんな刺激を受けられると思います。
私も大変いい勉強になりました!