日常

2020年に買って良かったモノ

こんにちは、あきらん(@akilans)です。

あっという間に過ぎ去ろうとしている2020年。
今年買って良かったモノをひたすら書くお決まりのシリーズです。
それでは早速、ご紹介していきます!

ガジェット関連

ガジェットと呼ぶにふさわしいかはわかりませんが、まとめると電子機器系です。

MacBook Pro

今年一番買ってよかったものです。
iPadで全てを賄おうとしましたが、やはりパソコンは必要なことがわかりました。

第10世代の2.3GHzクワッドコア Intel Core i7プロセッサ
True Tone搭載13インチRetinaディスプレイ
32GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
1TB SSDストレージ
Thunderbolt 3ポート × 4
USキーボード


↑私のはカスタマイズ品でAmazonで売ってないので、リンクは吊るし品です。

ワイヤレス充電器

これまでワイヤレス充電器って使ったことなかったんです。
価格が安かったので導入してみると、めちゃめちゃ便利。
いつも寝る前にポンッてiPhoneをこの上において就寝してます。

Nintendo switch ドック

自室でNintendo switchをプレイするために購入しました。
公式のドックは嵩張るし、放熱すごいしということで、こちらの製品を選びました。

オフィシャル製品ではないので、気になる方は使わないほうがいいかもしれませんが、今のところ、不都合は起こっていません。むしろ超快適。

モバイルバッテリー

iPhoneをSE2にするにあたり、問題となったのがバッテリーの持ちでした。
ですが、iPhone本体の容量が少ないため、逆に言うと、あっという間に充電できちゃうんですよね。

それを逆手に取って、小さいモバイルバッテリーを持ち運べば、実質変わらず運用できるのでは?と考えた結果に購入したものになります。

USB-C 急速充電器

MacBookを少なからず外で使ったり、家の中で移動させて使用したりするので、必要にかられて購入しました。

オフィシャルの充電器と比べるとその差は歴然としています。

小さいは正義!!

NAS

写真管理に悩んで購入しました。
これまではDropboxで全ファイルを保管し、必要に応じてローカルにダウンロードしてLightroomなどで使用していたのですが、Dropboxの容量が2.5Tを越えようとしていたので、これはまずいと思って購入しました。

私、多分、フルサイズとか中判とか持ったら、大変なことになると思うのです。

内蔵ハードディスク(8TB × 2本)

そのNASに入れるためのハードディスクです。
念の為、ミラーリングをして運用する為に2本購入しました。

容量はミラーリングでギリギリ運用できそうな8Tにしました。
今は2.5Tで有効7Tくらいだとしてもあと4.5T使えて、今のペースで行っても、数年は使える計算になるので、この容量にしました。

外付けハードディスク(8TB)

NASをミラーリングで作っても、NASそのものが壊れてしまってはデータを復旧させるのが至難の業になります。
復旧だけでもなく、いざ壊れたら新しいハードディスクが手元に届くまでに中のデータを拾い上げられないというデメリットも生じます。
あとは、人為的ミスでNASから消しちゃったっていう時もあるでしょう。

そんな問題を解決してくれるのが、この外付けハードディスクです。

いざという時は、NASから切り離して、直接Macにさせば、中のデータを見ることができますし、定時バックアップの設定をしているので、データの復旧も容易です。

転ばぬ先の杖。

ゲーム

自粛生活が始まると同時にスタートしたどうぶつの森。
このゲームのおかげで自粛生活も楽しいものになりました。
現在では、こどもに島を乗っ取られてます。

書籍

普段読まない書籍も、いくつか読みました。

言わずもがな、どうぶつの森の本。
子供と一緒に読みました。

嵐田さんの本!
「フィルムがデジタルで再現できたら良いのに」っていう気持ちがクリアされました。

美術品を見た時、写真を見た時に、口に出して自分の感じたことを言えるようになりました。超おすすめ。

富士フイルム好きであれば、読まなければならない本。
フィルムシミュレーションが細かく分析されているので、役に立ちます。

しんやとよーへいの主宰である、高橋伸哉さん初の単書。
刺さる言葉が沢山書かれており、繰り返し読みたいバイブル本です。

テレワーク関連

IPv6対応ルータ

テレワークが始まった頃、周辺のお家がみんなネットワークを使うようになってしまい、これまでも遅かった速度がさらにめちゃめちゃ遅くなってしまったので、IPv6を使うために購入しました。
ハイウェイに乗れたような優越感に浸ることができました。

CAT8 LANケーブル

ルータに合わせて購入しました。
ルータがいくら早くなっても、昔のLANケーブルを使っていたら速度が出ません。
それが故にCAT8という最新規格のLANケーブルを導入しました。
回線、ルータは問題ないけど、特定端末だけが遅いという方は、LANケーブルを見直してみてはいかがでしょうか?

デスクマット

殺風景なデスクにワンポイント与えたくて購入。
買ってから半年以上経つのですが、手汗で少しナヨってきました…。

フリップスタンド

MacBookProの背面につけて、角度を立ててキーを打ちやすくするために購入。
若干ではありますが、キツイ姿勢が楽になりました。

シーリングライト

自室の電気があまりに暗かったので、テレワークに際して購入。
ポイントは、調光って大事だなってところだと思ってます。
なお、アレクサにも対応しているので、声だけでON・OFFできるのは便利。

壁掛け時計

こちらもテレワークに際して新調。
時計なんて何でも変わらないじゃんって思ってたんですけど、ずっと部屋にいると気になるカチカチ音。
「連続秒針」はとても大事です。

ユニットシェルフ

部屋大改造計画において地味な活躍をした棚。
カメラ入れた防湿ケースおいたり、大量の水のペットボトルをおいたり、折り畳み自転車おいたりしてます。

ノートPCスタンド

先程のフリップスタンドをつけたまま、家にいる時はこの上にMacBookProをおいて作業しています。
フリップスタンドと違い、こちらは急な角度もつけられるため、劇的に姿勢が改善されます。

モニター(23.8インチ)

家で仕事することが多くなり、あったほうが効率が良いと気付き、自腹払って購入しました。
モニタって色んな種類があって、本当にわかりにくいんですよね。
この製品のポイントは、23.8インチでありながらWQHDに対応していて、HDMI端子が3つあり、リモコン操作できることをポイントに選びました。
超捗る。

モニタアーム

モニターをそのまま付属のスタンドで使用しても良かったのですが、仕事をしていない時にも動画を見たりするのに、首を振れないのはすごく不便。
そこで必要になるのがこのモニターアームです。
設置も意外と簡単なので、悩まれている方にはオススメします。

USB-C & HDMI 変換アダプター

今のMacBookProはUSB-Cしかない為、必要にかられて購入しました。
全てはデュアルモニタのため!

HDMIケーブル(1.5m)

デュアルモニタにするために購入しました。
ケーブル自体が細いので、使い勝手が非常に良いです。

マグカップ

テレワークに際して、おうちでコーヒーを飲むことが多くなり、購入しました。
ホコリはいらないし、冷めないし、めっちゃ便利です!

カメラ関連

ヘッドライト

星空撮影する際にあったほうが良いという話を聞き、購入しました。
でも、結局、その機会に巡り会えず、現時点で未使用です…。

SDカード

X-Pro3を使うようになってから、一回の撮影枚数が大幅にアップしたので、128GBを購入しました。
さすがにこれだけあれば、安心。

レンズ(必需品)

日常をX-Pro3で切り取るのに買い戻しました。
昔、X-T2を使っていた時に使用していて、既に使い勝手も分かってるので、安心の購入です。

トラベル三脚

こちらも星空撮影のために購入しましたが、霧を撮って終了しました。
来年こそはもっと使ってあげたい。

リュック

普段は小さなバックで事足りるんですが、着替えとかを入れたらとたんに入らなくなるので、遠出用のカメラバック代わりに購入。

帰省等でも使えるなぁって思って買ったんですが、今年は思った以上に活躍する場がなく、来年に持ち越し。
まぁ、くさるものでもないし、気長に機を待ちたいと思います。


↑私はブラック買いました!

さいごに

こうやってみると、意外と買ってるなって思いました…。
実用品がほとんどなので、後悔とかはまったくないのですが、来年はもう少し節度を守って、自分の生活を豊かにしていきたいなぁと思います。

  • この記事を書いた人

あきらん

FUJIFILM X-Pro3とRicho GR IIIで、スナップ・家族写真・たまにポトレを撮ってます。カメラを含むガジェットや、おでかけのブログ「akilans.com」を運営。お仕事はシステムエンジニアをやってます。 Apple製品とRADWIMPSとフォトウォークとゲームと家族が好き。

-日常
-,

© 2021 akilans.com