桜満開! #おイナりドンさんぽ で日暮里・谷中周辺を歩いてきた

おでかけ




こんにちは、あきらん(@akilans)です。

先日の日曜日、九州からFUJIFILMブログ界のドンであるシュンスケさんが東京にいらっしゃるということで、ツイッターで仲良くさせて頂いているイナさんの声かけにより実現した「#おイナりドンさんぽ」に参加させて頂きました

季節は、最高に気持ちの良い春。
思う存分、桜を楽しみましたので、今回もX-H1とXF16-55mmの写真を中心にご紹介します

参加者について

私含めて、以下の12名の方が参加されました。
イナさん(https://inachu56.hatenablog.com
シュンスケさん(http://colablog.com
てるみんっちさん
クロギタロウさん(https://tarokuro.hatenablog.com
Tomemamaさん
雄佐武さん(https://fuji-036.tokyo
しばさん(https://team9648.com
Taka0610さん(https://photo-filedworks.com
ぬこさん(https://omoidegraphy.hatenablog.com
けーすけさん(https://sanagi-camera.com
しゅんさんぽさん(https://shunsanpo.com
あきらんhttps://akilans.com

プレ・フォトウォーク

皆さんとは日暮里駅で待ち合わせでした。

本当はもっと早く来て、三葉堂寫眞機店さんに行きたかったのですが、あいにく午前中に用事があり、叶いませんでした。
ものすごく中途半端でしたので、軽く何枚か写真を撮り、ドトールで休憩していました

この日は汗ばむくらい、天気が良く、暑かったです。

迷子と桜

「そろそろ時間だ。」

そう思って待ち合わせ場所に向かうも迷子。
「←西口」という看板があるけれど、その矢印に従って行ったら、坂に綺麗な桜がありました。

後からわかったことですが、完全にフライングしてました
実は「←西口」って書かれたところが、既に西口だったというオチでした。

それに気付いて戻った時には結構な人数がお揃いでした。

全員が揃い、軽く自己紹介。
「名前と好きな焦点距離」を一人ずつ。

谷中ぎんざ

ゆったりした時間が流れる谷中ぎんざ。

私も東京に戻って間もない時に一度だけ歩いたことがありました。

少し歩いたら「地ビール」が「飲んで」って言っている心の叫びを聞きました。
気付いたら飲んでました(怖い、心の叫び)。

ちなみに、一番はじめに心の叫びを聞いて、飲み始めたのはこの方です。

暑かったし、めちゃめちゃ美味しかったです。

その後、より真剣にフォトウォークしました。
こんなに歩いたフォトウォーク、本当に久しぶりでした。
(フォトウォークとは…。)


都会だからか、ハトも逃げません。

「あ、ぱんだりさん!」

注目の的でした。

夏が近づいているかのような簾。

ラムネの文字と、しゅんさんぽさんがより一層、夏を感じさせます。

かたや、すぐそばで撮影会が開催されました。

絵的に、シュンスケさんがかぶっちゃいけない帽子です、それ…。

少し見渡すと桜が満開。

東京で一番の見頃を迎えた日ではないでしょうか。

突如、「動かないで!」と言われて、しゅんさんぽさんと撮り合う。

こういうの、非常にフォトウォークっぽい。

見上げると格子状の鉄線がありました。

なんか、ファインダーで良く見るね、この感じ。

谷中霊園

日暮里から谷中銀座を抜け、しばらく行くと、たくさんの桜が見えてきました。
「谷中霊園」というところらしいですが、初めて行きました。

座ってゆっくり行う花見も良いですが、こうやって満開の中を写真撮りながら練り歩くのも大変楽しいです。

本当に満開。

時には葉っぱが覗くこともありました。

桜ってピンク一色の時も好きですが、個人的には散り際の桜も大好きです。
儚さが良い。

って感動してたら、しゅんさんぽさん撮影会。

もう立派なフリー素材ですね!(褒めてます)。

上をみる。

空と桜があった。

下をみる。

地面と桜があった。

風情あることに、鳥さんも花見を楽しんでいました。

満開の桜を堪能させて頂きました。
それにしても毎年思うことですが、桜撮るの、本当に難しい。

玉林寺

「ここに千代の富士の銅像があります」とイナさんが促してくれました。

ありました。
(…このあと、みんなで記念撮影をしました。)

この玉林寺、ふと違うところに目をやるととても楽しかったです。
それは「甕に溜まった水」

桜の真下にあったことで、沢山の桜の花びらが浮いていました。

この春一番の桜が撮れた気がします(嬉しい)。

さいごに


季節が良くなってきて、冬眠から目覚めるかのようにフォトウォークが活発になってきました。
また、同じ趣味のお友達が徐々に増えてきて、とても嬉しく、楽しいです。

この記事をご覧になっていただいた方、機会があれば是非一緒にお出掛けしましょう!

今回ご一緒させて頂きました皆様、本当にありがとうございました!!