子供と湘南を歩く〜親子フォトウォークのススメ〜

おでかけ




こんにちは、あきらん(@akilans)です。

最近、湘南で開催されるフォトウォークが多く、写真でもよく目にするようになりました。
私も今年に入り、既に2回の湘南フォトウォークに参加しています。

鵠沼海岸を照らす朝日が、活力を注いでくれた話

2020年1月9日

海の街で覚醒したカメラと私

2020年1月16日

いずれの回もガッツリ写真を撮るモードで、早朝から臨みました。
そんな熱い1月を通り越して、ふと暇になった2月の休日のお話です。

一人で出掛けようとしてた朝

「今日はどこへ行こうかな」と私。
普段の仕事が忙しく、滅多に子供と遊んであげられないので、葛藤していました。
撮りに行きたいけど、可愛そう…。

「二人でお出掛けしてくれば?!」と妻。
トントン拍子にお出掛けが決まり、久しぶりに二人だけで小旅行に出掛ける気分で写真を撮りに行ってきました。

父はほどほどにスナップ

まず、2人なので、夢中になりすぎて、はぐれることを恐れました。
遠くの地で迷子になったら、相当面倒なことは明らかです。

声を掛け合いながら、ほどほどにスナップを始めます。



「あ、飛行機だ!」
その声とともにササっと構えたりしました。

少し前にTwitterで目に留まった「佐助稲荷神社」。
辿り着いたのはお昼頃でしたが、人を回避できるタイミングがありました。

じっくりじっくり撮ろうと構えて、待ちます。
「早く行こう?」
ただ、こういう時、子供は待ち切れないので、そそくさとその場を離れざるを得ません。


お稲荷様に必ずいらっしゃる狐さんも急ぎ早に撮ります。

海に来ました。

飛んでいる鷹を急ぎ足でパシャリ。

海を泳ぐ犬を見つけ、パシャリ。

この日の富士山はとてもとても綺麗でした。

子は自由きままにスナップ

何もないと流石に可愛そうなので、「写ルンです」を持たせました。

が…はじめて「写ルンです」の初期不良にぶち当たりまして…。
巻き上げても止まらず、最後まで巻き上がってしまったという恐怖
泣かれる寸前で、観光地「鎌倉」に助けられました。
ありがとう、パレットプラザ…。

そんな中で撮影したファーストショット。

なんでこれ撮ったんだろう…?

私が撮ったのと同じタイミングの写真も。

こういうのは本当に面白いですよね!

そして、私が足早に撮った狐さんを、めちゃめちゃいい感じに撮ってました(悔しい)。

海についてからもその勢いは衰えません。

身長が低いが故に、撮れる写真も大人では感じたことのないモノが映り込んだりします。




水平なんて関係ない。
撮りたいものがあるから撮るという意思がとても強い。



お決まりの鳥・犬シリーズ。


これとか、普通に上手…。


嬉しいことに、私のこともしっかり撮ってくれてました。

やってみて思ったこと

1年ほど前にも家族でフィルムフォトウォークをしました。

家族で行うフィルムフォトウォークのススメ(キッカケは #三宝カメラ さん)

2019年3月21日

その時は、とにかく撮りたいものをすぐに撮るという姿勢が強かった。
ですが、今回は、構えて少し考えて、一呼吸置いてから撮っていたのが印象的でした。
一年の成長は大きいですね…!

また、歩いている時、会話が普通に成り立つので、寂しくなく、純粋に楽しかったです。
ただ、やはり大人と体力は違うので、休憩を挟みながら、無理せず楽しむ余裕は必要です。

重要なキーワードは、「食べ物」と「トイレ」と「休憩」ですね!
また、子供の気が向いたらやりたいと思います!!

親子のコミュニケーションを図る上でも、奥さんの自由時間を確保する上でも、とてもとても有意義なフォトウォークでしたので、条件が合致する方には全力でオススメしたいです!