2019年に買って良かったモノ

日常




こんにちは、あきらん(@akilans)です。

2019年もあと2日で終わります。
今回は、私が買ったモノで良かったなぁって改めて思うものを振り返りたいと思います。
しょーもないものもあるかと思いますが、少しの間、お付き合い頂ければ嬉しいです。

家電

デロンギ DeLonghi KBLA1200J-BK

電気ケトルです。

一つ前もデロンギのケトルを使っていたのですが、スイッチを入れても沸騰するまでにスイッチが上がってしまうという症状があり、寿命だと思い、買い換えました。

デロンギはデザインが良い!

Electrolux

スティック型の掃除機。

こちらも前使っていた掃除機が壊れたので買い替え。

普段はEufyが勝手に掃除してくれるのですが、全体ではなく、一部分だけ掃除機をかけたい…という欲求に耐えられないので、スティック型を選択しています。

なお、Eufyは超おすすめなので、一人暮らしの方も是非見てみてほしい。

サブスク

Spotify

昔から登録しているのですが、サブスクを行き来するうちにまた戻ってきた感じです。

普段は邦楽を聴くので、邦楽の量だけで、これまでは「レコチョクBest」を使っていましたが、SNSでの共有や、他の人からのプレイリストの展開等、登録者の数の暴力には勝てませんでした。

意外と「無印」でかかってる曲をまとめてくれてるプレイリストや、「テラスハウス」の曲をまとめてくれてるプレイリストがあったりして、直感で選曲できるのはメリットとして大きいですね。

ガジェット

iPhone11Pro

当たり前のことなので、あまり表に話題として出していませんが、毎年買い替えています。
今年は、iPhoneXSからの買い替えです。
容量は256GB。

iPhoneなど、毎日使うものには惜しみなく投資したいと思ってます。
というか、ガラケ時代もほぼ毎年機種変してました。

スマホの進化で時代を感じるの、感性を磨く上でもとても大事。

ちなみに純正レザーケースも超オススメです。
私は毎年、ミッドナイトブルーで色の変化を楽しんでいます。

Echo Dot

年末のキャンペーンで購入しました。

いや、安すぎるでしょ…。
これまでLINEのスマートスピーカーClovaをリビングで使っていました。
が…残念な事にClovaは使い勝手が悪すぎるんです…。
Spotifyも連携できないし、誤反応するし、日本語通じにくいし。
(誤反応はうちのだけかもしれませんが…。)

それに比べて、Echo DotはSpotifyも使えるので、かなり良い。
寝る前にアラームセットしたりとか、子供はピカチュウと会話したりとか。

一気に生活が楽になった気がしています。
良い買い物した。

Anker Power Core Lite 10000

モバイルバッテリー。

最近は、スマホにしろ、カメラにしろ、タブレットにしろ、電力ってとても大事。
今までは、2500くらいの容量で耐えられていたのですが、さすがに色々と厳しくなってきて、少し容量の大きいものを買い増ししました。

最低10000は欲しいですね…(本当はもっと大きいの欲しいけど、サイズがね…)。

Big Blue 15cm USB C to USB Aケーブル

これが、私の一番オススメ。
安いんだけど、実力がすごい。

スマホとかのケーブルってどうしても長くて、モバイルバッテリー以上にケーブルのほうが気になったりしませんか?
巻き取り式のケーブルなんかも売ってたりしますが、巻き取り部分が嵩張ったりしてウザったいです。

そんな時にはこの製品。
ケーブルのサイズはたった15cm。

スマホと充電する時には、モバイルバッテリーと重ねて、その間を繋ぐ長さでぴったり。

しかもこの製品、シリーズで、microUSBやらLightningやらもあるので、お手持ちのガジェットに合わせて揃えると、なお良し。

リンクはLightningケーブルですが、私は全部買いました。

カバン

YADOKARI

今月、めちゃめちゃ探したリュック。
カメラリュックでも良かったんですけど、X-Pro3買ってから、もう少しデザイン性の高いリュックにしたくて色々と探していました。

そんな中、グッときたのがこのB印(Beams×Yoshida)のリュック。

昔からあるそうですが、シンプルで良き。

店舗だと、代官山にしかないので、ご注意を!

カメラ

CONTAX T2

これ、今年なの?
って思ったんですけど、記事書いたのは確かに今年でした。

27年以上前に発売されたフィルムカメラCONTAX T2を相棒に決めた理由と外観レビュー、そして作例

2019年1月14日
最近、周りで欲しいって言ってる人もいますが、中古市場も落ち着いちゃったみたいで、状態の良いものが出にくいみたいですね。
(そういった意味で、私はかなりラッキーだった。)
が、なんやかんやありまして、11月に手放すことになりました。
Twitterのフォロワーの方にお譲り出来たので、良かったです!!
(その節は皆さん、リツイートありがとうございました!)

GR3

これも今年なんですよね。
もう結構使って馴染んじゃってるから、今年って言われても違和感しかない。

最強のスナップシューター「RICOH GR III(GR3)」レビュー

2019年7月28日
GRの良いところってそういうところなんだろうなぁと思います。
昔からずっと形変わらないし、持っている感覚も同じだし。

何も撮影する気がなくても持ち出さなきゃいけないカメラ。
私のコンパクトフィルムカメラの立ち位置の代わりをしてくれてます。

何かすごいことができるカメラではないのですが、この存在自体がすごいカメラ。
これからも長く使っていきたい。

X-Pro3

今年の目玉!
完全に一目惚れ状態に陥った。

FUJIFILM X-Pro3を購入しようと思った5つの理由

2019年12月8日
SUPERIAフィルムをベースにしたクラシックネガと呼ばれるフィルムシミュレーションが搭載された、背面液晶がないカメラ。

きっと、好きな人しか買わないし、万人受けは絶対にしないカメラ。

でも、私はめちゃめちゃ好き。

XF23mm F2

X-Proシリーズを買ったら絶対に買おうと決めていたレンズ。
OVFで撮る時には、必ずこのレンズで撮っています。

X-Pro3で背面液晶がないこともあり、OVFで使うと、本当にフィルムカメラを使っているようなワクワクを感じられるレンズです。

私にとってスナップするのに35mmだとちょっと遠かったので、23mmにしました。

X-T2使っていた時は35mm常用してました。

XF56mm F1.2

X-Pro3を買う為にX-H1を手放すと同時にXF16-55mmも手放しました。
XF16-55のテレ端で感じた解像感を捨てるわけにはいかなかったので買いました。
X-Pro3との相性もバッチリで、ガチ撮りする時には必須なレンズになりそうです。

なお、このレンズ使うときは、さすがにEVFですw

カメラ用品

コクヨ ネガアルバム

フィルムを現像した後に困るのが、ネガの置き場。
そのまま置いていると、どれが何のネガかわからなくなってしまいます。

そんなネガを整理する為に購入しました。

1枚に36枚撮り1本分のネガが綺麗に収まり、インデックスもつけれる為、あとで見返してニヤニヤできます。

リフィルもあるので、足りなくなったら追加で買いましょう。

GR3用レザーケース「GC-10」

GR3の購入と同時に購入しました。

GR3のオフィシャルケースは2種類あり、速写性に優れたGC-9と、高級感のあるGC-10です。

GC-9は背面にベルト通しなどがついており、速写するのに優れています。

対して、このGC-10はベルト通しは付いておらず、ケースだけです。
カバンに入れて持ち運ぶのが前提であれば、少し高いですが、こちらをオススメします。

柔らかい革で出来ているので、持ち運んでいても気分が良いです。

ARTISAN&ARTIST シルクコードストラップ ACAM-301N BLK

X-Pro3と同時に購入した少しお高いストラップ。
長く使う前提のカメラなので、ストラップも奮発しました。

噂通り、とてもしなやかで、丸紐ストラップが大好きになりました。

さいごに

なんか、これを書くまで、全く買わず、節約した一年だった気がしてたんですが…。
結構買ってて驚いてます…。

来年はもっと節制しなきゃなと心に決めた年末。

もし気になる製品があれば、お手に取ってもらえると嬉しいです!